×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リウマチ 靴下

リウマチとの付き合い方

リウマチは30代~40代の女性におこりやすい病気です。発病の原因は特定が難しいですが、過労やストレスで発症するとも言われています。遺伝的な背景も関係しているともいわれます。

また妊娠、出産などによって、リウマチの症状がでたり、消えたりという患者さんもいらっしゃいます。昔は気圧の関係もあるといわれていましたが、原因ははっきりしていないのが現状です。

病院でも早期のリウマチは、診断が難しく検査や、問診をすることによって、リウマチと診断していきます。早期症状で病院で薬の治療をすると、リウマチの進行を抑えることはできますが、完治するのは難しいといわれています。

20%くらいの患者さんは、治療によって症状が出なくなりますが、ほとんどの患者さんはリウマチの症状が完全になくなることはありません。誰にでも突然発症する可能性がある、リウマチですから、発症した際のショックは大きいものだと思います。

しかも、完治が難しいとなると、気分が落ち込みますが、気の持ち方を変えてリウマチとうまく付き合っていく、リウマチを受け入れるという気持ちにしてはどうでしょうか。

リウマチの症状を和らげる靴下

リウマチを克服しようと考えると、なかなか治らない症状に精神的に参っていってしまうのではないかと思います。薬によってリウマチの進行を抑えることはできますが、完全になくなるのは難しいでしょう。日常生活に支障が出ないようにリウマチとうまく付き合うのが大切だと思います。

リウマチとうまく付き合うために、便利なグッズや体験者の方のブログも多数あります。自分の症状を理解して、情報を得てみてはいかがでしょうか。

リウマチの方の中には、足がむくみがちとい方が多数いらっしゃいます。足がむくむと、ひざや足首などの関節に痛みが出て、感覚が鈍くなっていきます。中にはボーっとして微熱が出る方もいるそうです。

もっとひどくなると、鬱血して赤い斑点がでてしまうこともあります。そんなむくみを軽減するために、着圧靴下を履いてみてはいかがでしょうか。足の締め付けがありませんのでむくみにもいいと思います。また、リウマチには体の冷えは大敵です。

長時間の冷房や寒い場所は、リウマチの症状を悪化させてしまいます。関節にサポーターをして、冷え対策や、靴下は厚手のものを履くようにしましょう。厚手の靴下は脱ぎ履きがしやすいのも、メリットの一つです。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?